新しいダイエット法はメディカル痩身|画期的な方法でスリム化

レディー

確実に結果を出しましょう

座る女性

医療機関での治療

病院におけるダイエット外来とはどういったところもなのだろうか。日本人の傾向として、内臓脂肪型の肥満が多いと言われていることもあり、健康管理の一環として見た目の肥満対策だけではなく、体の中から痩せる必要性が高まっている。病院におけるダイエット外来では、医師による問診、検査を経てまず肥満の原因となっているものを突き止める。単なる肥満なのか、ホルモン異常など病的な原因なのかによって、治療方法も違ってくるからだ。原因を突き止めた上で、個別プログラムが用意され治療が開始される。治療方法には2種類あり、1つは生活習慣や食生活などの改善をメインとした治療法、もう1つは脂肪吸引や脂肪溶解注射など外部的な施術による治療法である。医療機関であるので、内服薬が処方される場合もある。主体的な取り組みが必要ではあるものの、治療中は医師や栄養士への経過報告もあり、第三者的な目が常にある状態なので一人ではダイエットの意志が弱くなってしまう人にはおすすめである。また、リバウンドの少ないダイエットができるという点も大きな特徴である。治療を受けるのには、一般的にはBMIが25以上で生活習慣病を併発していることが基準とされるが、病院によっても基準に違いがあるので、ダイエットを開始したいと考えている人は一度問い合わせてみても良いだろう。

何を基準にするか

病院選びをする際にはどういった点に工夫、留意すればよいだろうか。まず、予算を中心に考えてみよう。医療機関でのダイエットは確実に結果を得ることができる分、結果を得るまでに時間がかかる。そのかわり保険適用になる部分があり費用は安く済む。一方、すぐにでも痩せたい、結果を得たいという場合は美容外科クリニックの方が良い。しかし、保険適用にはならないので費用がかさむことになる。どれだけの費用を捻出できるかによって病院を選別してみると良いだろう。次に、情報をきちんと公開しているかという点に着目してみよう。治療の結果が明らかにされており、その治療法も自分で納得できるものであれば、主体的に治療に取り組める可能性がアップするからである。また、治療中は通院が必要になるので、病院の立地も大切である。定期通院が可能な立地の病院を選ぶようにしよう。病院を絞り込んだら、自分が治療対象となるのかを病院に事前に確認するようにしよう。先述したように、病院によって治療対象としている基準が異なる。病院まで足を運ぶことが無駄足にならないよう、この一手間をかけておくと無駄がない。ダイエットには自分の強い意志と適切な治療プログラムが必要である。満足できる結果に至れるように、事前の準備は怠りなく済ませておくことをおすすめする。